サポート体制チェック

Posted on 16.12.6 By

そして最後に、それぞれのトナー本体においてのサポート体制のチェックに関してですが、これなどは必ずそのトナーが使用対象であるコピー機器類メーカーが運営をしている公式ホームページなどにある情報を確認をしたりしたうえで、それのチェックをしたりしていくやり方が確実性があるものと考えられます。

一番ベストである確認のやり方としては、今話した公式ページにあるインクトナーに関しての掲載情報を確認をしながら、そのトナーに関しての情報が掲載をされたりしている専門書を読んで情報の確実性を確かめていくという形が無難かもしれません。そして先程も触れた保証期間以内かどうかをようく確かめたうえで、ページ上にある連絡フォームなどから補充交換の申し込みなどを行い、使い切ったトナーをコピー機あるいはインクのメーカーなどへ返送との引き換えに、新たな補充をされたトナーの受領をすることとなります。

そうした流れとなりますが、この場合はあくまで確実性のある確認が出来たりしたうえでの話になりますので、購入先などによってはそれを急な事情などにより保証期間内でも受け付け無かったりするメーカーや卸元などもありますので、必ず事前に直接電話確認などをしておいた方がのぞましいかもしれません。

未分類