サポート体制チェック

Posted on 16.12.6 By

そして最後に、それぞれのトナー本体においてのサポート体制のチェックに関してですが、これなどは必ずそのトナーが使用対象であるコピー機器類メーカーが運営をしている公式ホームページなどにある情報を確認をしたりしたうえで、それのチェックをしたりしていくやり方が確実性があるものと考えられます。

一番ベストである確認のやり方としては、今話した公式ページにあるインクトナーに関しての掲載情報を確認をしながら、そのトナーに関しての情報が掲載をされたりしている専門書を読んで情報の確実性を確かめていくという形が無難かもしれません。そして先程も触れた保証期間以内かどうかをようく確かめたうえで、ページ上にある連絡フォームなどから補充交換の申し込みなどを行い、使い切ったトナーをコピー機あるいはインクのメーカーなどへ返送との引き換えに、新たな補充をされたトナーの受領をすることとなります。

そうした流れとなりますが、この場合はあくまで確実性のある確認が出来たりしたうえでの話になりますので、購入先などによってはそれを急な事情などにより保証期間内でも受け付け無かったりするメーカーや卸元などもありますので、必ず事前に直接電話確認などをしておいた方がのぞましいかもしれません。

未分類


保証期間をチェック

Posted on 16.12.3 By

そしてこれもやはりインクやコピー機のメーカー毎により違いがありますが、実は保証期間においてのある程度の違いがインクトナーにより異なります。1年間のものから2年間、最長期間のものとしてはコピー機やトナー本体を購入して以来無期限のもの等々、実に様々です。このため、その期間内においてインクの補充交換が可能であるかを必ず、申し込み前などに日付けなどをチェックしたりしておく必要性などもあります。

そして、その保証期間の間での場合には、トナーによっては無償あるいはかなりな割引価格でのそれが可能である場合とかもありますので、そのような保証期間においてのサービスの利用などをしない手はありません。ただし、インクジェット式のトナー類とかの場合には本体原価そのものが割安な反面、レーザープリンターのものとは異なり主に使い捨てなどが基本である場合が多く、100円ショップなどで使い切った度毎に購入をしたりしなくてはならない事なども少なくはありません。

このため、このタイプなどの場合には一度になるだけ多くまとめ買いなどを前もってやっておいた方が無難であるといえます。このため、保証期間については、主にレーザープリンターのトナー本体のサービスに関して考えていくのがのぞましいのかもしれません。

未分類


色々なリサイクルトナー

Posted on 16.12.1 By

「リサイクルトナー会社」ですが、決してリサイクルトナーを専門的に扱う事業者のみではありません。コピー機の開発・製造・販売などをやっている事業者やメーカーなどもそれに含みます。実際に、それらの事業者やメーカーなどの中には、自社のトナーをリサイクルし純正リサイクルトナーとして扱っているところなども存在していますので、これらをも含むことは言うまでもありません。

そして、これはトナーの種類などによってもサービス内容が違ってきたりはしますが、レーザーコピー機のトナーの場合には、単品で交換価格が1千円あたりからなり、インクジェットプリンターのトナーの場合には、1品目あたり200円程度からの相場となっています。

また、プリンターメーカーなどによっては、5色のセット価格で500円程度で補充交換のサービスに応じたりしてくれるようなところなどもあります。そして、トナー自体もインク補充のあり方自体に様々な形のものがあり、やはりメーカー毎によって補充交換の申し出のやり方などが本当に色々とあったりしますので、こうした面なども現在使用をしているプリンターのあり方やインターネット利用環境などを踏まえたりしながら、よく補充交換のタイミングややり方の選択などをしたりしていく心構えが大切です。

さらに、インクメーカーによっても補充交換の対象であるリサイクルトナーのあり方というものには色々な形があったりしますので、とくにその場合においてのあり方について基礎知識として理解をしておくことはいうまでもありません。

未分類